ブログカテゴリー
    月別アーカイブ
    お知らせ
    2018ー05ー06 開拓011 スリッピー第2回目プロト配布予定
    2018ー04ー15 開拓006-② 無限 カスタム万能タイプ公開
    カレンダー
    << 05
    2020
    >>
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    天秤の腕を立てたり寝かしたり


    天秤の腕を、立てたり寝かしたり、釣り人からの竿の操作で出来るものを作ってみました。竿を起こしたり寝かしたりしてライン角度を変える事で、腕が立ったり寝かしたり出来ます。

    特にこの先、作っていく予定はありませんが面白い動画なのでアップだけ致しまーす。

    笑。。

    2020/05/25

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    ニュートラノーマルタイプの室内テスト


    主軸が振れる場合と主軸の振れを止めた場合で、仕掛側を指先で振動させて、指先に掛かる負荷状態(キスが受ける負荷)を比較しました。

    結果は、まったく違う反作用が返ってくる事が判明~。

    完全固定にすると最初からヌボーっと重たい感じで、その後の変化は、あまりなくオモリが45度くらいまで回転するまで引き込めば、やっと負荷が大きく変化する感じでした。

    一方で、振り幅を2~3cmにすると、オモリにぶつかるまでは、違和感が無い負荷で始まり主軸がオモリにぶつかるまでは、餌を吐き出さない程度の軽い負荷で、そのあと、オモリにぶつかった瞬間にガツンと負荷変化が起きてました。つまりオモリは回転もしていない初期の初期の初期段階で、負荷変化を起こすことが出来ているようです。

    ということは、キスが違和感を感じるのが早いならば、振り幅は小さくして吐き出す前段階でカチンと負荷変化を起こさせるのが良いのかもです。

    たぶんですが、ここはそんなに微調整はいらなくて、振り幅は、2.5cm程度。これで良いように感じます。

    それに、振り幅が大きいと、ガチンと負荷変化を起こす前に違和感で吐き出されてしまうことも想像できなくもないです。

    逆に振り幅が小さすぎるとキスが走る助走区間が少なくなるなんて想像も出来なくもないかもです。

    以上、今日のテストと今日の仮定を整理してみました。

    2020/04/04

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    ニュートラノーマルダイプが進化


    dompotimeのニュートラが二つの路線で進化中です。この動画はノーマルダイプの方です。音声で説明しています。

    このように可動域を制約する仕組みを変えた事で、柔軟チューブを付けずに砂詰まりしないようにしました。

    こうすることで、負荷変化点が以前に増してカチッっと明確に変化させる事が出来るようになりました。また、振り幅をネジで調整することが出来るので、キスの大きさや、海流の流れ方向や、その他の条件で自由に振り幅を可変出来るようになりました。

    もう一つの進化形は、今、試作中です。また、このブログで紹介致します。

    2020/03/15

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    ニュートラworksのテスト


    worksでのエサの動きをテストしてきました。結果は厳しそうです。動画のように流れがあって連続して仕掛けが張れて、しかも腕が立っているならば、このようにエサを動かす事が出来ますが、腕は寝ていることが多いので、なかなかエサは現実は動かすのは難しいかもです。

    2色以内とか波打ち際ならば、動画と同じ事が出来るかもですが。しょんぼりムードです。

    2020/03/01

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    ニュートラworks初期テスト


    ニュートラworksの初期テストをしてきました。ニュートラノーマルは主軸が均等に全方向にブレますが、このworksは、腕方向だけに主軸がブレますが、腕と反対側には振れません。さらにバネがついていて道糸を緩めると腕が傾いて仕掛けを潮にのせて奥に運べます。その状態で竿を叩くと、餌がピクンピクンと踊ります。効果があるかどうかは知りません。一応、作ってみました。

    2020/02/24

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    タングステンデルナー


    Daiwaさんがタングステンをやめたので、ニュートラタングステンが作れなくなりました。治具も全部作ったのに残念です。

    そこでデルナータングステンで作ってみることにしましたが、なんと30号がカタログ落ちしてます。富士工業さんもタングステンをやめる方向なのでしょうか?

    2020/02/22

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    ニュートラworks開拓中


    ニュートラのworksを新規開拓しています。従来の天秤は、仕掛けを動かすには、オモリと一緒に動かすしかなかったのですが、天秤の腕だけをロッドを叩くことにより振動させることが出来るようになります。

    つまり、ロッドを軽く叩くと、餌をビクっと動かすことが可能になります。この動画はロッドを連続的に叩いている動画です。

    2020/02/21

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    天秤の環を作る治具


    天秤の環を作成する治具を継続実験中です。ちゃんと出来るのに感動しつつも、少し不満も残る結果ですねー。

    なんでかというと操作が微妙に難しい。カミさんが操作でききどうか微妙です。

    カミさんが操作出来ることが大事なんですねー。時間も掛かり過ぎてます。もっと半分の時間でもっと簡単にシンプルにしないとです。

    2020/02/09

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    手回しの線材送り



    手回しの線材送り治具を作りました。これも何故か難なく成功という結果。最近、何故か一発での成功が多いです。だいだい三回目くらいでクリアするのがいつものパターンですか。

    コレにストッパーゲージを付ければ正確な寸法で切断やベンダーなどが出来ます。

    ちょっと疲れましたが、ニュートラ関係は全部完成しました。

    2020/01/25

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    環付治具の成功


    天秤の端部に環付ベンダーをする治具がようやく完成しました。仕組みとしては3回目のフルモデルチェンジです。今回は一回だけハンドルを回すだけで環付作業の全部が完了することに成功しました。

    今までは、270度回して、余長を切断して、捻れをとって、隙間をなくす。

    ・・といった、4工程もあったので大変でした。これは1工程で出来上がります。

    2020/01/11

    軽量 ページネーション