ブログカテゴリー
    月別アーカイブ
    お知らせ
    2018ー05ー06 開拓011 スリッピー第2回目プロト配布予定
    2018ー04ー15 開拓006-② 無限 カスタム万能タイプ公開
    カレンダー
    << 12
    2019
    >>
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    Daiwaタングステンのニュートラ 化改造



    Daiwaフロートタングステンを改造してニュートラ 化をすることを個別に受けていますが、ちょこちょこと依頼があってます。昨日も3個送られてきました。

    そこで依頼される方が、依頼される時に住所や費用など、いろいろな確認が面倒だと思いますので、ニュートラ ページに改造依頼ボタンを新設しました。依頼される方はこちらから簡単に依頼出来ます。

    2019/12/11

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    いろんなゲージ


    タングステンのニュートラのための、いろんなゲージを準備しました。これで何とかなるのか?ならないのか?

    2019/12/06

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    Daiwaタングステン改造受注


    Daiwaフロートタングステンの改造依頼が早速きました。27号みたいです。キャップの色が緑ではない?ですね。改造可能かどうか内部寸法が気になります。

    2019/12/03

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    柔軟チューブが抜け出る場合の対処


    本ブログで11月12日に、柔軟チューブが抜け出てしまった場合の対処方法を書きましたが、その柔軟チューブの押さえとなっているステンレス サヤ管が主軸に沿ってズレてしまう事により、柔軟チューブが抜け出ているものが出ていると言う連絡がありました。

    そこで、その場合の対処方法を書いておきます。作業は簡単ですがポイントは決して曲げ過ぎないように、チョコチョコとテストしながら作業してください。曲げ過ぎると硬くなりすぎて戻らなくなります。

    2019/12/02

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    Daiwaタングステンのニュートラ


    Daiwaフロートタングステンの改造ニュートラを来年出品します。3500円くらいで計画してます。仕入れが高いので。

    また、現時点でもDaiwaタングステンを持ち込み(郵送など)して頂ければ、2コイン(1,000/個)で、個別に引き受けることにしました。使ってないDaiwaタングステンがあれば改造致します。※送料などは別途です。

    2019/12/02

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    ニュートラの制作治具


    ニュートラを生産するために必要な、最後の生産治具の部品が仕上がってきました。岸川社長ありがとうございます。どうか一発でこの治具が成功しますよーに。
    (線材の環を形成するための治具です。)


    2019/11/30

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    タングステンニュートラの飛距離テスト


    タングステンニュートラの飛距離テストを知久馬さんにしてもらいました。結果は鉛タイプと比べてプラス10mで、普通にタングステンの飛距離でした。とりあえず継続してのテストです。

    2019/11/23

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    タングステンのニュートラ


    タングステンのニュートラです。飛距離が伸びるニュートラの設計思想をタングステンでテスト開始です。やってみないとわからないのでテスト開始です。トーナメンター知久馬さんヨロピクお願いしまーす。

    2019/11/19

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    柔軟チューブが抜けてしまった時の処置


    主軸の柔軟チューブは一旦抜けてしまうと戻らなくなります。今回プロトは抜け防止対策をしてますので、故意に引っ張ったりしない限りは、ほとんど抜けてしまうものはないとは思いますが、抜けてしまったという連絡が一件きたので下記のとおり対処方法を紹介致します。

    今回のプロトは、抜け防止しているがために、一旦抜けてしまうと戻らなくなります。そのまま押し込んでも戻りませんが、添付の図のような手順で入れ直しすると元通りになります。

    まずは図のように白いパイプとステンレス サヤ管を一緒に一旦、上に引き上げて、その状態で柔軟チューブを押し込みます。この状態だと入っていきます。

    それから、白いパイプと、ステンレスサヤ管を下げてやると元通りになります。

    ただし、この白いパイプとステンレス サヤ管が手で引き上げる事が固くて出来ない場合は、復元することは無理だと思います。そのような事になった場合は連絡ください。なんらかの対応を致します。

    2019/11/12

    開拓番号012 <Neutral(ニュートラ)>※オモリ一体型
    スポット溶接オンリーのテスト結果


    ニュートラの腕の三角形の接合部です。普通にダブルスリーブでカシメただけではズレるので、軽くスポット溶接してからカシメる事でのテストしました。

    テストは、軽くスポット溶接だけで、負荷にどのくらい耐えられるかでしたが、結果は、外れる事なく耐えるみたいです。

    したがって、腕は、スポット溶接+ダブルスリーブ これで方針確定となり完全解決です。

    2019/11/09

    軽量 ページネーション